So-net無料ブログ作成




日本建国の謎に迫る / 中杉弘 [歴史]

menorah-42470_640.png

[キーフレーズ:徐福じょふく神武じんむ天皇]


スポンサーリンク

●二度にわたる日本列島上陸
紀元前200年頃、徐福じょふく、1回目の日本上陸。
目的は、日本の地形の視察。日本各地を巡る。

2年後、徐福は、10万人を引き連れて、2回目の日本へ。
まず、淡路島あわじしまに上陸。
淡路島では、日本を統一するための態勢を整える。大規模な農業集団を形成。

その後、四国へ渡る。
四国において兵力を増強した後、和歌山に入る。これが神武東征じんむとうせい
これより、10万人のユダヤ人と数百万人の縄文人が融合ゆうごうする歴史が始まる。

 

●徐福の先祖
始皇帝しこうていはユダヤ10支族の流れのユダヤ人。その仲間が徐福。

 

●ヘブライ語
徐福は、日本を統一するためには、まず言語を統一しなければならないと考えた。
そこで、先祖伝来のヘブライ語を日本国にほんこくの主要言語にすることに決めた。

 

●日本語の特徴
日本語は他の言語との系統関係が無い、全く独立した言語。

スポンサーリンク

↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

こちらのブログもよろしくお願いいたします!
111(いちいちいち)

今日の言葉:「対立を恐れるな」タルムード


スポンサーリンク


トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。