So-net無料ブログ作成




好きなギタリスト ベスト3 [音楽]

music-1281642_640.jpg

今日ぱっと思い浮かんだ、ギター中心のアルバムベスト3

スポンサーリンク

 

1位
Full House-keepnews Colle
ウェス・モンゴメリー

初めて聴いたときはビックリしました。
ギターが速くてメロディが綺麗!
このアルバムを聴いてからジャズをたくさん聴くようになりました。
全ての楽器が一つになって迫ってきます w(゚o゚)w

スポンサーリンク

 

2位
ヴァーチュオーゾ
ジョー・パス

とても心地良い!
ギター1本でオーケストラのような演奏を聴かせてくれます。
ジョー・パスのギターの音色は大好きです d(⌒ー⌒)

スポンサーリンク

 

3位
アランフェス協奏曲
ジム・ホール

枯れた感じの物悲しいギタープレイ。
素晴らしいセッション。
優しく上品な音にしびれます。
何度聴いても感動します (*´∇`*)

今日の言葉:
「音楽とは、知恵や哲学よりも、更に奥深い神からの啓示である」
ベートーヴェン
(1770~1827)

↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

こちらのブログもよろしくお願いいたします!
111(いちいちいち)



トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7月~9月のアルバム ベスト3 [音楽]

bass-913092_640.jpg

ここ三か月間でよく聴いたアルバムベスト3

スポンサーリンク

 

1位
Kind of Blue
マイルス・デイビス

BGM代わりに何度も聴きました。
色々なミュージシャンが参加しています。
無駄がない!
静かで美しく、とても癒されます。
ジャズの中では今のところ一番好きなアルバムです。

スポンサーリンク

 

2位
青春歌年鑑(戦前編)4 昭和15年~20年(1940年~1945年)

戦後編が良かったので、戦前編も全て揃えました。
シリーズの中では、これを一番よく聴いています。
名曲がたくさん入っています。
『蘇州夜曲』、『湖畔の宿』、『森の小径』が素晴らしい!

スポンサーリンク

 

3位 
Deleted Scenes from the Cutting Room Floor
Caro Emerald

オランダの有名な歌手です。
ジャズやラテンが混じっていてカッコイイ!
ネットで見れる音楽映像も良いです。
7月は彼女のアルバムばかり聴いていました。

今日の言葉:
「音楽は言葉にならなかった詩である」
ヘルマン・ヘッセ
(ドイツの小説家)

↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

こちらのブログもよろしくお願いいたします!
111(いちいちいち)



トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

好きな曲 ベスト20! [音楽]

guitar-1505164_640.jpg

パッと浮かんだ、今、好きな曲 ベスト20!

 

1位:湖畔の宿 / 高峰三枝子 [1940年]

2位:思い出の記 / 大川栄策 [1978年]

3位:A Night Like This / Caro Emerald [2009年]
ナイト・ライク・ディス / カロ・エメラルド

4位:The Trooper / Iron Maiden [1983年]
トゥルーパー / アイアンメイデン

5位:Foxey Lady / Jimi Hendrix [1967年]
フォクシー・レイディ / ジミ・ヘンドリックス

6位:まつりばやし / 中島みゆき [1977年]

7位:Hit the Lights / Metallica [1983年]
ヒット・ザ・ライツ / メタリカ

8位:Ain't Got No, I Got Life / Nina Simone [1968年]
エイント・ガット・ノー, アイ・ガット・ライフ / ニーナ・シモン

9位:天国に結ぶ恋 / 徳山璉・四屋文子 [1932年]

10位:丘を越えて / 矢野顕子 [1976年]

11位:Grandma Is Still Alive / Geisha Girls [1994年]
グランマ・イズ・スティル・アライブ / 芸者ガールズ

12位:Caravan / Art Blakey [1962年]
キャラバン / アート・ブレイキー

13位:哀しみのボート / 松田聖子 [1999年]

14位:So What / Miles Davis [1959年]
ソー・ワット / マイルスデイビス

15位:丸の内サデスティック / 椎名林檎 [1999年]

16位:Sonata for Two Pianos in D Major,K.448/Mozart [1781年]
2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448/モーツァルト

17位:Walk Don't Run / The Ventures [1960年]
ウォーク・ドント・ラン / ベンチャーズ

18位:生きてるって言ってみろ / 友川カズキ [1977年]

19位:陽炎 / 鬼束ちひろ [2009年]

20位:Clarinet Quintet in A Major K.581-1 / Mozart [1789年]
クラリネット五重奏曲イ長調 K.581 / モーツァルト

 

1780年代・・・2曲
1930年代・・・1曲
1940年代・・・1曲
1950年代・・・1曲
1960年代・・・4曲
1970年代・・・4曲
1980年代・・・2曲
1990年代・・・3曲
2000年代・・・2曲
2010年代・・・0曲

スポンサーリンク


↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ



トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

好きなアルバム♪ [音楽]

sunset-921054_640.jpg

妻も私も音楽をよく聴きます。
妻はジャズが好きで、私は幅広く色んなジャンルを聴きます。
クラシックからポップスまで...
1940年代から現代まで...

その中でも、一番好きなアルバムは、

『みんな去ってしまった/中島みゆき』(1976年)。

アルバムを何千枚聴いてきたなかで、パッと思い浮かぶのがこれです。

「彼女の生き方」・・・このアルバムの中で、この曲が一番のお気に入り。中島みゆきが当時の自分自身の生き方を歌にしているかのよう...

他にも、「流浪(さすらい)の詩(うた)」、「冬を待つ季節」も何度聴いても歌の世界に入り込めます。

1970年代の中島みゆきは、肩の力が抜けた歌い方をしていて、気持ちが和(やわ)らぎます。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
↑応援クリック、いつもありがとうございます。

スポンサーリンク


トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ギターのための12の歌/武満 徹 [音楽]

accord-2119_640.jpg

武満氏自身が好きな曲を12曲集めた楽譜集です。素晴らしい曲ばかり収録されています。

ギター歴3年ほどの初心者ですが、オーバー・ザ・レインボーが弾いてみたくてCD「武満徹 ギター作品集成」と一緒に購入しました。

最初は難しくて歯が立たなかったのですが、ゆっくり根気よく続けて、半年かかってやっと一通り弾けるようになりました。でもまだ人に聴かせられるレベルではありません。

これからも楽しみながら全曲制覇を目指して続けていこうと思っています。

武満氏はギターを「小さなオーケストラ」と評してとても褒めたたえています。そのため、「武満徹 ギター作品集成」にはとても力を入れたようです。

CDに収録されている他の曲も美しくアレンジされているものばかりです。懐かしさを感じる「森の中で」、清々しい「フォリオス」、悲しくなる「ラストワルツ」は特にお気に入りです。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
↑応援クリック、いつもありがとうございます。

スポンサーリンク


トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。