So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン




超訳 古事記 / 鎌田東二 [神話]

japan-530347_640.jpg

[キーフレーズ:語りの古事記]

スポンサーリンク

太古の魂が乗り移ったかのような神語り。
古事記の原点に立ち返り、語りをそのまま文字に起こしています。
宗教学の研究をしながら神主をやられている著者だからこそ出来た偉業です。

初心者の方には、古事記全体のイメージを掴むのに最適です。
また、古事記をある程度を知っている方にも新たな発見があると思います。

家族関係や異性関係、政治の話など、今も昔も変わらないのだぁとしみじみ感じました。
物語としても面白いし、自分の問題に置き換えて読んでも大変役立ちます。

●この本の特徴
・レイアウトや文字の配置が工夫されている。
・余白が適度にあり、詩のような文章で想像力がふくらむ。
・文章が美しいので、声に出して読むと気持ちがいい。

スポンサーリンク

↓応援クリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 その他日記ブログへ

こちらのブログもよろしくお願いいたします!
111(いちいちいち)

今日の言葉:「知りがたきことかげごとし」孫子


スポンサーリンク


トラックバック(0) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。