So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン




指と指とを広げた長さ [便利]

palm-1590164_640.jpg

私はいつも、物のおおよその長さを知りたい時に、親指とその他の指とを広げた長さを利用しています。

① 親指と人差し指とを広げた長さ・・・15.5cm

② 親指と中指とを広げた長さ・・・18cm

③ 親指と薬指とを広げた長さ・・・18.5cm

④ 親指と小指とを広げた長さ・・・20cm

体の他の部位の長さをたくさん覚えてもコンガラがるので、私はこの4つだけを覚えて使っています。

例えば、この半分の長さ、この倍の長さとか。

長い物を測りたい時は、その場で、肘から中指の先までの長さが、上の4つのうち整数倍になっているものを探します。私の場合は①が整数倍(4倍)になっていたので、肘から中指の先までの長さは「①(15.5[㎝]) × 4(倍) = 62[㎝]」。そして測りたい物に腕を合わせれば、おおよその長さが分かります。

もっと簡単な方法があるかもしれませんが、私は10年以上前から、このやり方で測っていて、慣れるととても便利です。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
↑応援クリック、いつもありがとうございます。

スポンサーリンク


トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。